気になるいぼの原因や治療方法を分かりやすく解説

歳をとると発生するいぼ

ウーマン

歳をとると首にいぼができやすい

若い頃は、いぼが出来ることがなかったのに、30歳を過ぎ始めると首や脇の下、脇腹などにいぼが出来始めることがあります。この首や首まわりにできるいぼは、医学界では、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれアクロコルドンと言われることもあります。このいぼの特徴として茶色や肌色、大きさは米粒よりも少し小さい1~2mm程度ということが挙げられます。この首いぼですが、1、2個なだまだしも、気付いたら倍に増えているなんてこともありえます。これらは痛みを感じたりかゆみを感じたりすることは基本的にありませんが、やはり気になるもの。特に首にできてしまうと人と話す時にも目立ってしまったり、ネックレスを着用する際にも気になったりします。これらのいぼは主に30歳を過ぎてから出来やすく、歳をとるごとに増えていく傾向にあります。その中でも中高年の女性の方や肥満の方、また肌が白い方によく発生する傾向にあります。これらのいぼは良性のため、治療によって消すこともできます。

首いぼの原因は紫外線だった

首や首周りにできるいぼの原因は様々ですが、大きな原因の1つは紫外線です。肌が紫外線を受けることでメラニン色素が発生します。このメラニン色素は、肌の代謝が良い若い時は時間が経つごとに排出されますが、歳をとってしまうとその肌の代謝も悪くなりメラニン色素を溜めやすくなります。その蓄積されたメラニン色素がさらに紫外線の影響をうけて突起物となります。このいぼはワキなどの擦れやすく刺激を受けやすい場所でもできやすい傾向にあります。またネックレスなどを着けるとそのネックレスが触れる刺激でもいぼが出来てしまうため注意が必要です。

首いぼが気になったらどうする?

首や首まわりにできるいぼですが、基本的には身体に直接影響を与えるものではないので安心しましょう。まれに身体に影響を与える悪性のいぼもあるのでその場合は即急に治療をする必要があります。良性のいぼの場合は、歳をとるごとに増えて大きくなることが特徴です。私たちは、普段から紫外線の影響を受け、洋服を着て日常生活を過ごしているので、常に皮膚に刺激を与え続けています。そのため、首いぼの原因を取り除くことはできません。しかし、首いぼは、やはり多くの方が気になります。特に女性の方や人と多く会う機会がある方は見た目に気をつける人が多いためちょっとしたいぼでも気になってしまいます。そんな時は整形外科で治療をするといった選択肢もあります。小さないぼなら小さなハサミで切り取ったりすることもできますし、今ではレーザー治療のような痛みを感じない手術方法もあります。とりあえず、気になったら医師のもとへ相談に行き気軽にカウンセリングを受けてみましょう。また、原因を完全に断つことはできないといっても、外に出る時にUVケアをする、あまりアクセサリーを着けない、肌に刺激を与える服を着ないなど、工夫次第では、いぼの発生を少しでも抑えることができます。

Back to Top